スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さ~、どんどん運んじゃうからね

次からは多分ヴァルハラに逝けない
おりん

なんて事やってる東方厨は死ねばいいと思うよ(´・ω・`)


閑話休題
2ch RaidersSphereスレより

170 :名無しさん@弾いっぱい :2009/09/12(土) 21:56:46 ID:4avLXSHY0
自作モデル作りたいけどカッコいいテクスチャの描き方がわからん
上手い人いたら教えてください


今日はテクスチャを作る方法を紹介します。
フォトショップ(エレメントでも可)を使えば驚くほど簡単にテクスチャを作れますので、
使用するソフトはフォトショップ、もしくはフォトショップエレメントを推奨します。
エレメントの方は廉価版ですが、必要最低限の機能が備わっていますのでこれで十分でしょう。
価格も一万五千円程度なので社会人なら無理なく出せるはず。
学生の場合はアカデミック版を半額で購入できるのでお小遣いを貯めれば手が届きます。

親が太っ腹で出してくれるっていうならエレメントじゃなくて無印でもExtendedでも
何でも買ってもらえればいいさ


あと、間違ってPhotoshopLightroomを買ってはいけません。
これは違う用途のソフトです。

ところで、他にも安いシェアウェアやフリーのソフトがありますが
私は使い方を知らないので本項ではパスします。

さて、入門編として既存の機体を触ってみましょう。
既存の機体なら簡単にテクスチャを変えられます。
『The Marnian War』の機体はこの手法を使用しています。

試しに触りやすいBA-700のテクスチャファイルを開いてください。
ファイル名は『ba-700c.jpg』です。
それをまずグレースケールに変換します。

そしてそれをトーンカーブや色調補正で色を触って白っぽくしましょう。
色を触るスキルは様々なテクスチャ製作に役立つのでここで慣れておきましょう。

白っぽいのができたらほぼ完成です。レイヤーで上からテクスチャを乗算で重ねます。
これなら単調なベタ塗りでも下地が生きているのでそれなりのものになります。

次に自作機体のテクスチャですが、
既存機と違って下地がないのでベタ塗りだとおもちゃみたいになります。

まずはパネルライン。これが無いと締まりません。がんばって描いて下さい。
もしくはUV展開図から不要な線を消して作りましょう。
できたら少しぼかしてアンチエイリアスがかかっている風にします。

それができたらフォトショップのフィルタとレイヤーを駆使してテクスチャを作ります。
フィルタは雲模様やノイズ、ぼかしなどが便利です。

雲模様を使ってそのレイヤーを2階調化して白か黒のどちらかを消去、
もう片方に色を付けて少しぼかせば簡単な迷彩柄を作れます。
細かい柄が欲しいならピクセルのサイズを欲しいサイズの2~3倍の
大きさのファイルを作って雲模様を作り、元のサイズに縮小すればOK。

ノイズは色が単調にならないように必ず使う。
ノイズ用のレイヤーを作れば全体のノイズの調子を一度に変えられます。

上手く行かない時は、部屋の壁紙、畳みの目など身の回りのものを
デジカメで撮影して使ってみましょう。新たな発見があるかも知れません。

レイヤーの透明度や重ね方(乗算や焼きこみなど)を色々試しましょう。
このレイヤーの使い方で作った物が台無しになったりするので頑張ってください。

そして最後に『Web用に保存』で最適なサイズに調節してjpgで保存して下さい。
そのあとそのファイルを開いて縮小し、bmpで保存しましょう。
これはスモールサイズ用のテクスチャです。

あとはできたファイルをモデルに張れば完成。
メタセコのデータであらかじめテクスチャを貼りこんでおけば
X-Viewerでグリグリ閲覧できます。


さて、明日からUFOを集める作業が始まるお

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。