スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章主体にすればイベントシーンは難しくない

それでもそれなりに妥協が必要ですが。

まずはこのパッケージをダウンロードして、
とりあえずプレイしてみて下さい。

イベントシーンで画像が表示されます。
文章を読み終えたら次に行きたいですよね。
さっさと次へ行くなら、イベントスキップしてみて下さい。

すると、次の画像が表示されます。

別に難しいスクリプトを組まなくても、メッセージスキップは実装できます。
メッセージ毎に同じ処理をしてやれば、
画像でなくてメッセージウィンドウでも同じ事が可能です。
ただし、イベント全体を一度にスキップする事は出来なくなります。
そこが妥協点です。

そしてこの実装は簡単です。

event(TRUE);

//イベント内容その1

event(FALSE);

event(TRUE);

//イベント内容その2

event(FALSE);

これだけです。

一度のボタン操作でイベントスキップされるのは
event(TRUE)~event(FALSE)の間だけというのを利用した方法です。

実はこの手法、割と前から使っていました。
『The Marnian War』のミッション3です。

したらばにアップしていたバージョンをプレイした事のある人の中には
覚えている方もおられるかもしれませんが、
その時はイベント中に選択肢が出る様になっていました。
その選択肢までが割と長いイベントシーンだったので、
そこまでショートカットできるように考えたのがこの手法でした。

文章さえキチンとすれば、空戦しているスクショ一枚で
敵や味方が撃墜されるシーンもそれっぽくできます。

イベントシーンで困っている方にアイデアの一つとして提案します。

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。